ホーム > 入れ歯が合わない・痛い【インプラント・ブリッジ・入れ歯(義歯)】

失った歯を取り戻すための選択肢

失った歯を取り戻すには、「インプラント」「ブリッジ」「入れ歯」といった治療法があります。このページでは、それぞれの特徴をご紹介します。

当院のインプラントについて

歯を失った顎の骨に人工の歯根を埋め、人工の歯を被せる治療を「インプラント」と言います。インプラントは顎の骨にしっかりと固定するため、自分の歯と同様に食べ物をきちんと咀嚼(そしゃく)することができ、消化器官に負担を掛けずに栄養を吸収することができます。

また、健康な歯のような色合いや透明感のあるセラミックを使用しているので、入れ歯では得られない、自然に近い使用感と見た目を手に入れることができます。千葉市中央区にある「井上歯科」では、日本のインプラントシステムの中でも、もっとも歴史のある日本メディカルマテリアル社の「POIインプラント」を使用しております。

当院のブリッジについて

1本、または2本といった少数の歯が抜けてしまった場合に、抜けた歯の両脇にある健康な歯を削り、患部と両脇の歯に、取り外しができない被せ物をして歯を補う治療法を、「ブリッジ」と言います。取り外しができる入れ歯に比べると安定感があり、咬む力もある程度は期待できます。この治療には保険が適応され、患者様の経済的負担が少ないメリットもあります。

しかし、両脇の健康な歯を削らなければならないこと、被せ物をした部分に食べかすが詰まって歯周病やむし歯の原因となる場合があること、歯が抜けた部分の顎の骨が衰えていく可能性があることなど、デメリットもあります。

当院の入れ歯(義歯)について

口腔内に残っている歯が少ない場合、通常、入れ歯をすることになります。入れ歯は取り外しが可能なので、針金が見えることがあります。また、異物感を訴える人が多いのも現状です。歯が抜けてしまった顎の骨がやせてくると、徐々に安定感がなくなり、入れ歯がズレて痛むようになるケースもあります。

入れ歯は保険適応のものなら費用が安く、現在でも多くの方が使用しています。金属が見えてしまうのが気になる、あるいは、金属アレルギーがある場合は、保険適応外ですが、金属を使わないタイプのものもあります。当院では、信頼できる大分県のリアルデンタル・ラボに依頼し、入れ歯の製作を行っています。

インプラント・ブリッジ・入れ歯の比較表

  メリット デメリット
インプラント
  • 見た目、使用感ともに自然に近い状態。
  • ズレが生じない。
  • 健康な歯に負担が掛からない。
  • 外科的手術が必要。
  • 高額な治療費が掛かる。
  • 治療が長期に及ぶ。
  • 全身疾患がある場合は治療できないケースがある。
ブリッジ
  • 入れ歯に比べると見た目が自然。
  • 自然に近い使用感。
  • 治療が短期間。
  • 支えとなる健康な歯を削り、負担を掛けてしまう。
  • 発音がうまくできなくなる場合がある。
  • 食べ物がはさまりやすい。
  • 顎の骨が衰退しやすい。
入れ歯
  • 治療費が安く経済的負担が少ない。
  • 健康な歯を削る必要がない。
  • 短期間で治療できる。
  • 使用感、見た目ともに違和感がある。
  • 発音に違和感がでる。
  • 固いものが食べにくくなる。
  • ズレを生じ、食べ物が詰まってしまうと痛みを感じる。
  • 顎の骨がやせてしまう。

歯を失ってしまったらすぐに対処しましょう

むし歯や歯周病、あるいはケガなど、何らかの原因で歯を失ってしまうと、当然歯があった場所に大きな穴が空き、違和感を覚えます。しかし、しばらくするとその状態に慣れ、放置する人もいらっしゃるようですが、そのままの状態でいると、全身にまで影響を及ぼすことがあるのです。

歯を失ったまま放置しておくと……

歯は上下で咬み合わせてバランスを保っています。咬み合う歯を失った歯は反対側へ伸びていきます。また、歯がなくなったすき間に、周囲の歯が倒れてきます。このように、空いたスペースに、上下左右から別の歯が侵入してくるため、歯を失った時点で空いていたスペースよりも狭くなり、いざ入れ歯を入れようとしても入らないといったことが起こるのです。

また、1本の歯を失うだけで歯並びや咬み合わせのバランスが崩れ、歯周病、顎関節症、肩こりなどの原因になってしまいます。体の健康のためにも、歯を失ったら、すぐに治療を受けましょう。

入れ歯が合わなくなったと感じたら…

入れ歯が合わなくなったと感じたら…

長い間使い続けた入れ歯は、少しずつズレていきます。咬み合わせが悪くなり、歯ぐきと入れ歯のすき間に食べ物がはさまり、痛みを感じるようになります。ご存知のように、よく咬みしめ、充分に咀嚼(そしゃく)を行って体に取り入れると、栄養はスムーズに吸収されます。つまり、おいしく食べることは、健康への近道なのです。

入れ歯が合わなくなったと感じたら、早急に歯科医院へ行き、入れ歯の調節や交換をしましょう。

インプラント、ブリッジ、入れ歯のご相談はこちら